Events

  • Time to TALK

12.19 Time to TALK: Collaborating on Content-based Pedagogy: Takeaways from the JACET 2023 Conferenceコンテンツベース教授法に関する協働:2023年大学英語教育学会の会議で学んだこと

Event Details

Date: Tuesday, December 19 (Online)

Speaker: Ian Wash

Language: English(英語のみ)

Speaker Bio

Ian Wash

Ian Wash is Project Assistant Professor in the Center for Global Education. He teaches in the Global Liberal Arts program and previously taught PEAK. His pedagogical intertest is content-based instruction that develops English academic communication skills through learning about global politics.

イアン・ウォッシュ。東京大学グローバル教育センター特任助教。現在はグローバル・リベラルアーツ・プログラム科目を教え、以前はPEAK科目も担当していた。国際政治を学ぶことを通じて英語のアカデミックコミュニケーションスキルを開発するコンテンツベースの教授法に関心を持っている。

Abstract

In this session, Ian Wash will discuss his experience of attending the JACET (Japan Association of College English Teachers) conference in Tokyo in August 2023. The aim of the conference was to discuss new possibilities for the future of language education under the theme, “Reconstruction and Development of Collaboration in Language Education.”


Ian will begin by briefly speaking about his case study presentation that explained the collective challenges of developing a content-integrated approach to teaching international relations as part of an English liberal arts curriculum. He will then discuss several plenary lectures connected to the conference theme, including Professor Ann Burns’ lecture titled Reframing Notions of Research Collaboration in Language Education.


このセッションでは、2023年8月に東京で開催されたJACET(大学英語教育学会)の会議に参加した経験について、イアン・ウォッシュ先生がシェアをします。このJACET会議は、「言語教育における協働の再構築と展開」をテーマに、言語教育の未来に向けた新たな可能性を議論することを目的としていました。


ウォッシュ先生は、最初に、英語リベラルアーツカリキュラムの一環として国際関係を教えるためのコンテンツ統合アプローチを開発する際の課題に関して、自身の会議でのプレゼンテーションについて話します。その後、アン・バーンズ教授の「言語教育における研究協働に関する観念をリフレーミングする」と題した講演など、JACET会議のテーマに関連するいくつかの基調講演についてシェアします。


Contact


gfd-tokyo@adm.c.u-tokyo.ac.jp

back