2021年11月22日 11 22, 2021 Featured Topics Featured News TALK workshops

11.22 GFD Event: Fostering Creativity in Education and Research GFD イベント: 教育と研究におけるクリエイティビティの育成

GFD Event:
Fostering Creativity in Education and Research
 
Speaker: Kevin Byron (P.h.D)
Date: Mon, November 22nd, 17:00-19:00 (Online, Zoom)


English/Japanese simutaneous interpretation available

Recording available below


Japanese

 

https://youtu.be/rQJBFStavqU

 

 

English

 

https://youtu.be/6fm4aQTFsz4

This presentation will describe the nature and nurture of creativity in the context of education and doing research. It will describe a general framework for creative problem solving and the associated creative behaviours that can be applied in any discipline when new ideas are being sought. Idea-generation tools will be described, with examples drawn from both art and science to illustrate their commonality. Finally, the presentation will also include a discussion on the relative issues and challenges of working creatively with a group of people compared with working individually.


Speaker Bio
Kevin Byron received his Ph.D. in Physics from the University of Hull and pursued a career in commercial research in photonics for some twenty-five years. During this time he was an honorary visiting lecturer at the Universities of Glasgow and Salford and was elected for the Fellowship of the Institute of Physics. Whilst working in industry he developed a growing interest in education, and creative skills and the award of a NESTA fellowship in 2002 enabled him to pursue these interests full time. In 2008 he took up full-time posts at the University of Leicester and then at Queen Mary, University of London. He has published widely in his earlier research interests, and more recently on innovation and creativity.

He is currently an independent research skills developer working with students at a number of higher education institutions and industries in the UK and Europe and is a guest lecturer at Leeds University.

Contact

gfd-tokyo@adm.c.u-tokyo.ac.jp


6


GFDイベント:
 

教育と研究におけるクリエイティビティの育成


開催日時 11月22日(月)17:00~19:00 オンライン 

英語・日本語同時通訳あり
 

登録はこちらから


概要:

本プレゼンテーションでは、教育と研究における創造性の本質と育成について説明します。創造的な問題解決のための一般的なフレームワークと、それに関連する創造的な行動について説明します。このフレームワークは、新しいアイデアが求められているあらゆる分野に適用できます。アイデアを生み出すためのいくつかのツールについても、アートとサイエンスの両方の例を挙げて、その共通点を説明します。また、グループで創造的な仕事をすることは、個人で仕事をすることに比べて、どのような問題や課題があるかについても議論します。

 

講演者:
ハル大学で物理学の博士号を取得した後、25年間にわたり光工学の商業研究に従事しました。その間、グラスゴー大学とサルフォード大学で名誉客員講師を務め、物理学会のフェローにも選出されました。産業界で働くうちに、教育や創造的なスキルへの関心が高まり、2002年にNESTAフェローシップを授与されたことで、これらの関心を本格的に追求できるようになりました。2008年には、レスター大学とロンドン大学クイーン・メアリー校に常勤で務めました。初期の研究テーマでは広く論文を発表しており、最近ではイノベーションと創造性についても研究しています。

現在は、独立した研究スキル開発者として、英国やヨーロッパの多くの高等教育機関や産業界の学生と仕事をしており、リーズ大学では客員講師を務めています。

 

お問い合わせ

gfd-tokyo@adm.c.u-tokyo.ac.jp


7

Back 前のページに戻る