2021年11月10日 11 10, 2021 Featured Topics Featured News TALK workshops

11.10 GFD Workshop: Mind Mapping for Information Management and Collaborative Activities

Digital Tools for Teaching Series (3 Events)
Mind Mapping for Information Management and Collaborative Activities
 
Speaker: John Augeri (P.h.D)
Date: Wed, November 10th, 17:30-19:00 (Online, zoom)


English only

Registration here
 
Abstract

Mind Mapping is a type of diagram that provides a visual organization of information, relying on an interrelation of hierarchized contents of multiple kinds. Especially suitable for note-taking and talk and papers preparation, the digital version goes beyond by offering significant affordances in terms of synchronous and asynchronous collaboration among peers or between faculties and students.

This workshop will present the basics of Mind Mapping and some typical academic use cases and will propose a hands-on time on key software.

 

Speaker Bio
John Augeri, Ph.D., is a researcher and practitioner specialized in Teaching and Learning tools and environments. Besides managing an international comparative study of physical Learning Spaces since 2016, he has been running a region-wide Faculty Development initiative at the Île-de-France Digital University (Paris) since 2009 (11.000+ registrations, 1.100 sessions organized). John is also active in Europe, North America, South East Asia, and Oceania and is involved in several international associations and workgroups (incl. EDUCAUSE, FLEXspace, Association for Learning Environments, HERDSA) as a contributor, expert and advisor, and regular speaker in major conferences. He has been invited six times to Japan as a visiting researcher. 


Contact

gfd-tokyo@adm.c.u-tokyo.ac.jp


1


GFDイベント:

 

オンラインとオフラインの学習空間:
情報管理と共同作業のためのマインドマッピング


開催日時 11月10日(水)17:30~19:00 オンライン 

英語のみです
 

登録はこちらから


概要:

マインドマップは、階層化された複数のコンテンツの相互関係に基づいて、情報を視覚的に整理するための図の一種です。マインドマップのデジタル版は、ノートの作成や論文の準備に適していますが、それだけではなく、仲間同士、あるいは教員と学生の間での同期・非同期のコラボレーションを可能にします。

このワークショップでは、マインドマップの基本と、学術的に典型的な使用例を紹介し、主要なソフトウェアのハンズオンタイムを提案します。

 

講演者:
John Augeri 博士は、ティーチング&ラーニングのツールと環境を専門とする研究者・実践者であります。2016年から物理的な学習空間の国際比較研究を運営しているほか、2009年からはイル・ド・フランス・デジタル大学(パリ)で地域全体のファカルティ・ディベロップメント・イニシアチブ(11.000以上の登録、1.100のセッションを開催)を運営しています。Augeriさんはヨーロッパ、北米、東南アジア、オセアニアで活動しており、いくつかの国際的な協会やワークグループ(EDUCAUSE、FLEXspace、Association for Learning Environments HERDSAなど)に参加しています。日本には客員研究員として6回招かれています。

 

お問い合わせ

gfd-tokyo@adm.c.u-tokyo.ac.jp


2

Back 前のページに戻る